クレジットカードの家族カードにも信用が必要

クレジットカードの家族カードにも信用が必要


私が持っているクレジットカードは、主人のカードから作ってもらった家族カードです。
私は収入の少ない主婦なので、私の名義でクレジットカードの契約をするのはおそらく不可能だったと思います。
しかし家族カードなら、主人がカード会社に申請しただけですぐに発行してもらえました。
しかも家族カードは、主人のカードと全く同じ機能が使えます。
カードショッピングができるのはもちろん、買い物をするたびにポイントが付与されるところも同じですし、海外旅行に行って何かトラブルに遭遇した場合には、後日補償を受けることができます。
それでいてショッピングで使った代金は、主人の銀行口座から引き落とされるのです。

専業主夫に家族カードは必須アイテム

自分が契約したカードではないのに思う存分自由に使うことができるので、家族カードは本当に便利です。
もちろん支払いが主人の口座からだといって、無意味に散財するようなことはしません。
基本的には生活に必要な物、だとえば食品や日用品などしか購入しませんし、だからこそ主人も私を信用して家族カードを持たせてくれているのです。

家族としての信用は稼ぎ頭の信用です

クレジットカードのクレジットという単語は、もともと信用を意味する言葉だそうです。
そのため本来は、会社勤めなどをしていて安定した収入のある、社会的に信用のおける人しか契約できないのです。
そして家族カードもまた、家族からの信用がなければ持つことができないものなのですよね。
その点私は、主人に信用してもらえているので、日々便利に家族カードを使わせてもらうことができているのです。
これからも主人からの信用を裏切らないように、余計な買い物はせず、ポイントが数倍になるサービスを利用してお得にポイントを貯めるなどして、大事に使い続けたいです。