クレジットカードのデメリットとメリットを見極めて使いましょう

現金決済よりも便利なクレジットカード決済


現在、現金決済の比率が落ちてきています。
その原因はクレジットカードや、電子マネーでの決済の比率が高まっているためです。
各社が多くのサービスを始めており、便利なこともあって急速に広まっているのです。
では、このカード決済が広まっている現状は望ましいのことなのでしょうか。
検証していきます。

クレジットカードのデメリットは金銭感覚の喪失にある

確かにカード決済にはデメリットもあります。
それは、お金を使っているという感覚が乏しくなることです。
カードを使えば、財布の中や銀行口座にお金がなくても買うことができます。
実際の引き落とし日は翌月末なので、その時までにお金が調達できればいいのです。
さらに、分割払いやリボ払いなどを利用すれば、支払いを後に延ばすことができるので、お金をすぐに用意しなくても商品が手に入ります。
しっかりと計画的に利用すればいいのですが、お金を使っている実感がなく、無計画に使ってしまうと支払いができなくなります。
これが原因で多重債務に陥っている人も多くいます。

クレジットカードのメリットはポイントや決済方法の簡便さ

しかし、大きなメリットもあります。
まず1つ目はポイントがつくという点です。
クレジット決済をすれば通常0.5%~1%のポイントがつきます。
これは商品や金券に交換することができます。
現金ではこういったことはないので、お得です。
2つ目は支払いを遅らせることができるという点です。
買い物をしても実際の支払いは翌月末、一括払いであれば金利はつかないので、1カ月以上無利子で借金できることになります。
これは非常に有利なことです。
3つ目は現金を持ち歩かなくてもいいという点です。
多額の現金を持つと盗難の危険性もありますし、小銭を持ち歩くと重いです。
そこから解放されるクレジットカードは持つ価値があります。
上記の通りクレジットカードはメリットも多いので、積極的に利用を検討してもいいでしょう。